MENU

行けるかな自転車旅行・九州一周⑤福岡編

九州上陸地の福岡を出発して16日目、再び福岡県に戻ってきました。大宰府や一部地域を除いて、福岡の観光はあまり経験が無いので色々周ってみたいです。

 ※ トップ画像は関門橋

目次

門司と下関をまわります

早朝の門司港レトロを走りました

  2022年(令和4年)4月21日(木)
 昨日夕刻に福岡県に入り、行橋(いくはし)まで走りテント泊。
 未明に出発し、32km走って7:30に門司港レトロ着。どの建物も開いてないけど自転車で走って周ります。

門司港
門司港レトロのシンボル旧門司税関、荒廃していたが修復された
大連友好記念館
大連友好記念館
昭和54年友好都市となった大連の
旧東清鉄道船舶事務所を復元

 門司港は明治~昭和初期にかけて、大陸貿易・外国航路の拠点、九州への玄関口として栄え、日本三大港(他は横浜、神戸)と呼ばれました。戦後は大陸貿易の縮小、関門トンネルの開通等で港機能は縮小しましたが、1995年から新観光地としてオープン
 ※公式門司港レトロインフォメーション
    に移動します

関門橋
関門橋も近いのです
案内図
徒歩圏内に古い建築が集中
旧大阪商船ビル
旧大阪商船ビル、1917年建造
門司港駅
朝早くから開いてます、あたりまえか

 他の建物が閉まっている早朝でも開いているレトロ建築が門司港駅。そりゃJRの現役駅ですから当然ですね。1914年に建てられたルネサンス様式の建物で、鉄道駅舎として初めて重要文化財に指定されました。

終着駅
日本では珍しい終着駅形式
駅員さんレトロ
駅員さんのレトロ制服がいいね
九州鉄道記念館
近くにはこんな物も
旧門司三井倶楽部
旧門司三井倶楽部、大正10年建造
アインシュタイン来日の時の宿だとか

関門海峡を自転車で渡る

関門橋2

 1973年(昭和48年)にできたのが全長1068m関門橋。意外にも関門トンネルの方が1958年(昭和33年)と先にできていた。
 そしてあまり知られてないのが関門トンネル人道。歩いて関門海峡を渡れます。長さ780m、徒歩無料、自転車・原付(押して歩く)が¥20。

人道入口
福岡側の入り口、こちらは料金所あり
エレベーター1
エレベーターで58mの地下へ降ります
通路
幅4mほどの通路、扱いは国道2号線側道
県境
本州・九州(山口・福岡)の境
地図
グーグルの映像、②号線の表示が関門トンネル人道
山口側
自転車も乗るのは禁止、押して歩きます
20分ほどで山口側に着きました
エレベーター2
またエレベーターで地上へ
山口側入り口
山口側入り口、料金は箱へどうぞ

※ ふと気づいた。「関門」って下司だから? ゲートの意味だと思っていた。

下関もちょっと見てみました

壇ノ浦
関門海峡の一番狭い部分が壇ノ浦

 壇ノ浦は日本史教科書に2回登場します。1回目は源平合戦の最終決戦である壇ノ浦の戦い。2回目は幕末に長州藩が欧州列強4ヶ国艦隊に砲撃戦をいどんだ馬関戦争。関門トンネル人道を出た正面にあるみもすそ川公園に史跡碑があります。

義経像
源義経像、平知盛像と対になる
馬関戦争
馬関戦争に使われた「八十斤カノン砲」
のレプリカ。樹脂製です。

 唐戸(からと)市場周辺に見所が集中しています。
 ※ 下関市公式観光サイト に移動します

関門海峡のサイン
航行中の船に潮流の情報を示す電光サイン
画像をクリックすると拡大します
フクの袋競り
唐戸市場前「フクの袋競り」像
こちらでは河豚をフクと発音
唐戸市場
唐戸市場内部、観光客でも買えます
フグ
下関と言えば河豚
関門橋3
唐戸から見る関門橋
フェリー1
門司への渡し舟、その名も「がんりゅう」
フェリー2
船代¥400 + 自転車¥260でした

 関門トンネル人道で門司側に戻ってもよいが、唐戸桟橋から門司港レトロに行く連絡船があったので利用する。巌流島に行く船もあるみたい。巌流島は現在公園として整備されています。

 ※ 巌流島観光に関するサイト に移動します

初めて来ました小倉です

 

 門司を出るとあいにくの雨。一路小倉(北九州市)に向かいました。何回か九州に来ていても、小倉は通過するのみで訪れるのは初めてです。走っていると前方に見たことがある高い塔が…これは!

今日の走行ルート,51.6㎞走りました

 なんとイタリアはヴェネツィアにあるサンマルコ寺院大鐘楼ではありませんか。寺院と大鐘楼の位置関係や寺院の装飾等はちがいますが、ほぼ実物大のレプリカ。アモーレヴォレ・サンマルコという結婚式場。スケールでかいな。
アモーレヴォレ・サンマルコ公式HPに移動します

大鐘楼
イタリア人に見せてみたい
これは本物
これが本物の画像、98.6mあります、奥にサンマルコ寺院
サンマルコ寺院1
サンマルコ寺院もどき。コンステンティノープルから
奪ってきた馬の像も再現
聖マルコの獅子
聖マルコのシンボルは翼を持つライオン

 サン(聖)マルコとはキリストの言動を伝える福音書を残した4人の弟子(他はルカ、マタイ、ヨハネ)の一人。エジプトにあった遺体がヴェネツィアにもたらされ、守護聖人となっている。格はものすごく高いはず。
 こんなのに使っていいのかな?

小倉駅
小倉駅の駅ビル、アミュプラザ小倉は雨の中

 北九州市と言われてもよそ者にはピンとこない。1963年に小倉市と周辺4市が合併してできたが、小倉(こくら)と呼ぶほうが認識しやすい。福岡市に次いで人口が多く、政令指定都市となっている。

漫画ミュージアム1
小倉駅に隣接する北九州市漫画ミュージアム
漫画ミュージアム2

 北九州市漫画ミュージアムが新たな名所。松本零士、わたせせいぞう、北条司など北九州市ゆかりの漫画家が多い。小倉駅のすぐ北側、あるあるCityにあります。
行ってみたら漫画・アニメのショップも沢山ありました。

 ※ 北九州市漫画ミュージアムのHP に移動します

トンコツラーメン
ひたすらトンコツラーメンを食べてます
餃子定食にして¥910
うまかっちゃん
九州以外でも売っている「うまかっちゃん」
だが、こんなバリエーションは初めて見た
ルミエール

 デパ地下にあったので高級スーパーかと思ったが、意外にも安売りスーパーだった。見切り品お惣菜で夕食とする。
 マカロニサラダ¥130、助六¥199、エビマヨ¥413

見切り品
小倉の宿
小倉の宿、¥3200
案内図
小倉駅周辺案内図
旦過市場1

 2022年(令和4年)4月22日(金)
 小倉で行ってみたかったのが旦過市場(たんがいちば)。大正から始まる市場で狭い地域に120以上の小店舗が密集する北九州市の台所。しかし数日前(4月19日)に大規模火災が発生して封鎖されていた。なんてこったい。

 ※ 旦過市場のHP に移動します

旦過市場2
被害が無い店も開いてない
旦過市場3
ここから先は封鎖中
旦過市場4
廃墟状態の店舗
旦過市場5
8/10また火事が起こりました…
小倉城1

 小倉城に寄りました。1602年に細川忠興が造った天守閣は焼失したが、1959年に再建。小倉城は九州の諸大名を監視する要衝であるため、譜代大名である小笠原氏が配されました。

小倉城2
野面積みの天守台は戦国の城の面影を残す
石垣
石垣が堀にシンメトリー
ビルの陰に天守閣

神宿る島が見れるかな・宗像(むなかた)

北九州市を出て3号線を西に向かい、約4時間で宗像市の辺津宮に着く。世界遺産に認定された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群がある。3つの神社(総称が宗像大社)に祀られる宗像三女神信仰は4世紀から続いており、固有の信仰と祀りが文化遺産として評価された。

宗像大社1
まあ普通の神社、建物の古さで世界遺産になったわけではない

 宗像大社の一つ、本土にある辺津宮(へつぐう)市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が祀られる。

宗像大社2
重要文化財の本殿
宗像大社3
木造屋根の天井がいい感じ
走行ルート
今日の走行ルート、69.5km
約5時間、累積走行距離1341km
フェリー
大島まで6.5km、20分ほど

 宗像市の北西にある神津(こうのつ)の港からフェリーで大島に渡る。片道\570.
宗像大社のひとつ中津宮沖津宮遙拝所があるのです。

遙拝所1

  沖津宮(おきつぐう)田心姫神(たごひめのかみ)を祀るが、沖合60kmの沖津島にあり、女人禁制、神職と許可を得た研究者しか上陸を許されない。大島の北に設けられた沖津宮遙拝所から拝むのみ。

遙拝所2
昭和8年に建てられた遙拝所
遙拝所3
晴れた日には沖津島が見えるというが、全然わからない。
方向ぐらい表示してもらいたい。
展望台1
大島の高台にある風車の展望台
展望台2
砲台の跡が残る
展望台3
トーチカか着弾観測所
海岸1
大島灯台
海岸2
島の北西は急斜面
案内図
大島の案内図
中津宮1
17世紀中期創建の本殿、裏手に御岳山へ続く参道がある

 大島の南にある中津宮端津姫神(たぎつひめのかみ)を祀る。

中津宮2
港からだと石段で登る
画像をクリックすると拡大します
電動アシスト自転車
レンタルの電動アシスト自転車、\800
坂が多い大島観光では必需品

  初めて電動アシスト自転車に乗りました。声を大にして言いたい「すごく楽しい」と。
漕ぎはじめのひと踏みと坂道での電動アシスをしてくれるが、すごく楽ちん。特に坂道はロードレーサーでさえたじろぐような急坂をヒョイヒョイと登ってくれるので感動ものです。
 もっと年を取ってロードに乗れなくなっても電動アシスト自転車ならいけそうです。

トンコツラーメン
トンコツラーメン\610、替え玉なんと\10の店
味よし、盛りよし、お値段よしでした
テント泊
宗像道の駅近くの保安林でテント泊
明日から大都会福岡なので最後のテント泊になります

画像をクリックすると拡大します

最後のシメは福岡市

志賀島といえば金印です

 2022年(令和4年)4月24日(日)
 早朝に宗像を出て、福岡市中心部に入る前に志賀島に行ってみます。博多湾の北側に伸びる長さ8km、最大幅2.5kmの砂州がリゾート地となる海ノ中道。その先端にあるのが志賀島で金印が発見されたとされる場所です。

志賀島1
前方が志賀島、現在は砂州で海ノ中道とつながる陸繋島になっています

 金印とは何?
 中国の皇帝が周辺の王や有力者を臣下として認めた証です。志賀島で発見された金印には漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん、読み方所説あり)と刻まれています。
 金印を授かると良いことがありました。
 ①周辺の勢力に対しての威信が上昇。中国皇帝のお墨付きですから。
 ②皇帝に朝貢(贈り物)をすると豪華な返礼品がきます。最先端の中国製品(銅鏡など)が3倍返し、かどうか知りませんが、贈った以上の物がもらえるのはたしか。皇帝もメンツがありますので。

志賀島2
島の南に金印出土地が公園として整備される
行程表
今日の走行ルート、59km走りました
志賀島3
金印レプリカ、甚兵衛さんが見つけて黒田家に献上
お宿

 志賀島を一周(約10km)したあと福岡市中心部に入り、地下鉄駅に近い宿に泊まりました。

夜の中州とキャナルシティ博多

中州1
中州の西側の那珂川沿いに屋台が連なる

  地下鉄で中州に出かけます。市内を流れる那珂川と博多川の間にできた中州にある繁華街。中州にあるので名前もそのまま中州ですね。西日本最大といわれる繁華街です。

 ※ 中州観光協会のオフィシャルHP に移動します

中州2
中州名物は夕刻から始まる屋台
一蘭総本店
一蘭拉麺 本社総本店です
中州3
歴史のありそうな映画館
中州4
劇場もあります
キャナルシティ博多1
中州の南にある複合商業施設キャナルシティ博多
キャナルシティ博多2
内部には人口のキャナル(運河)が流れる
中華ソバ
中華ソバ・ブラックとやら、\760

元寇防塁(石築地)を見にいこう

 博多は1274年と1281年の二回にわたる元(モンゴル)軍の侵攻(元寇)を迎えた地。元軍の上陸を阻止するため沿岸に石垣が築かれ元寇防塁(げんこうぼうるい)、古くは石築地(いしついじ)と呼ばれた。いくつかの地点で見られるが、福岡市の西にある生の松原(いきのまつばら)に行ってみた。

水の街
いくつもの河川がながれる水の街の朝
骨董市1
神社筥崎宮の敷地で骨董市開催中
骨董市2
九州各地から業者が参加していた
長浜ラーメン1
元祖と称する店が複数、どれが本物?
長浜ラーメン2
\500と安い

 トンコツラーメンはいくつものスタイルがあるが、細麺、替え玉、バリカタなどの源流が魚市場のある福岡市長浜で生まれた長浜ラーメン。長浜を通ったので朝食にする。…長い間、滋賀県の長浜だと思っていた!

生の松原1
生の松原(いきのまつばら

 博多湾の西側にある生の松原は肥後の国の軍勢により石築地が整備され蒙古軍を迎え撃った地。有名な『蒙古襲来絵詞』(もうこしゅうらいえことば)の竹崎季長(たけさきすえなが)の奮戦図もここが舞台。

生の松原2
蒙古防塁がありました
生の松原3
なんだか左右で色合いが違う
手前に『蒙古襲来絵詞』のワンシーン
すきまがコンクリで固められている、いいのか?
生の松原5
解説版です

 蒙古防塁のすきまがコンクリで埋められていたので愕然とする。文化財にこんな補修でいいのか。実は本物の防塁は年月と共に多くは地中に埋まり、保全のため埋めたまま。ここに公開されている物は復元みたい。

 ※ 代表的な蒙古防塁を紹介するブログ に移動します

本物の金印は福岡市博物館で

  海岸線を埋め立てて造られたシーサイドももちの中心部に作られた福岡市博物館のメインは金印。発見者から黒田家に献上され、長らく黒田家所有だったが1978年福岡市に寄贈された。暗い部屋で展示されていたので写真はうまく撮れなかった。2.3cmで108gの金製品

福岡市博物館1
美術館のような雰囲気
福岡市博物館チケット
チケットも金印中心、\200と安い。
金印
金印の使い方を解説
黒田如水
事実上の藩祖・黒田如水の資料
福岡市
福岡市の発展の様子も興味深い
日本号1
長さ321.5cm、刃長79.2cmの大身槍があった、これが有名な…
日本号2
俱利伽羅紋のはいった刃

 民謡「黒田節」に登場する大身の槍(刃が30センチ以上の槍)「日本号」が展示されていた。実在したんだ、現存するんだ、驚いた。

日本号3
サザエさん通り1
博物館の横に「サザエさん通り」がある。
福岡は作者・長谷川町子の出身地
サザエさん通り2
『サザエさん』の記念碑、最初は福岡の地方紙
「夕刊フクニチ」に連載された
天神1
夜の天神のにぎわい

 初日に泊まったプラザホテル天神(一泊\2750)に宿泊。ロケーションも良く、週末以外はリーズナブルな価格。
福岡市は昔は武士の街・福岡と商人や町人の街・博多に分かれていました。福岡は黒田家の出身地である備前国福岡荘(岡山県南東部)に由来する説と、元からあった地名とする説があるようです。今の天神は武士の街でしたが、今は福岡を代表する繁華街の一つとなっています。

 ※ 福岡の由来に関するブログ に移動します

まんだらけ
漫画専門店マンダラケありました
天神地下街
天神の地下街です
焼鳥
夕食は焼鳥定食\869

福岡城と古代迎賓館の鴻臚館(こうろかん)

 2022年(令和4年)4月25日(月)
明日は早朝から空港に行くので、今日が事実上の最終日。福岡市を楽しみます。

模型
福岡城の模型、北側の堀は現存している

 福岡城(舞鶴城)は1600年の関ケ原の戦いで、東軍について筑前52万石を与えられた黒田長政が築きました。大領にふさわしい大きな城で建物はあまり残っていませんが、中心部は舞鶴公園として残され、遺構がよく保存されています。天神から近いが、広いので歩いて全部まわると大変。自転車がベストです。

北の堀
北側に残る堀
天守台
展望台となる天守台、天守閣はあったのか不明
天守台より1
緑に覆われた舞鶴公園のむこうに広がる福岡市街
天守台より2
234mの福岡タワーかな

 ※ 【公式】福岡城・鴻臚館のサイト に移動します

鴻臚館1
発掘状況をそのまま保存してい

 舞鶴公園の東に位置する鴻臚館(こうろかん)跡展示館飛鳥~平安時代に使われた外交施設で、海外からの使節団・商人、遣唐使などの迎賓館でした。1987年(昭和62年)に発見され、発掘調査が続いています。

 ※ 鴻臚館跡展示館は入場無料。福岡市博物館も¥200と安く福岡市太っ腹!
   と思ったが独自の宿泊税を一泊¥200取ります。

鴻臚館2
案内図
鴻臚館3
古代のトイレも見つかりました

オープン初日のららぽーとでガンダムを見た

ガンダム1

 複合商業施設ららぽーと福岡の前で、実物大ガンダムが展示されるというので出かけてみました。行ったら平日だというのにバカに人出が多い。ららぽーと福岡のオープン初日でした。知らなかった。

ガンダム2
トラタロウの知っているガンダムと違う?
ガンダム3
RX93ffvニューガンダムとやら
ガンダム4

 初代ガンダム(一年戦争の時代ですね)はトラタロウの高校時代に放映され、これはほぼ見ているので分かりますが、その後のシリーズはさっぱり。この展示は『逆襲のシャア』に出てくるガンダムらしい。

ガンダム5
動きました、右腕と頭だけ
ガンダム6
24.8m、80tあるとか
ジオン軍?
ジオン軍の方?も来てました、偵察?

 今年の9月にマレーシアの首都・クアラルンプールに行ったら「ららぽーとブキビンタン店」ができていました。ガンダムはありません。

ららぽーと1
ららぽーと内部もちょっとのぞきます
ららぽーと2
にぎわっています

柳橋連合市場と川端商店街はレトロな雰囲気

柳橋連合市場1

 大都会の真ん中にある昔ながらの市場が柳橋連合市場。昭和の初め頃に始まり、現在も30あまりの店舗が密集している「博多の台所」に行ってみた。なかなか興味深い専門店があります。

 ※ 柳橋連合市場のHP に移動します

蒲鉾屋
蒲鉾専門店
鯨の部位
鯨の各部位あります、百ひろ(腸)なんて初見
魚屋
手書きの値札がいいね
うなぎ
平日の開店始めで客はこれから
だるま1
柳橋連合市場の近くにある博多ラーメン
の名店「だるま」で昼食
だるま2
濃厚でトロミのあるスープのトンコツラーメン
¥720、替え玉¥150
川端通商店街

 川端通商店街は博多川の横400mにわたって続くアーケード商店街。近くには中州、キャナルシティ博多などの歓楽街・商業地区があるが、ここは昔ながらの店も多く、のんびりした雰囲気。

 ※ 川端通商店街のHP に移動します

川上音二郎
明治の芸術家、このあたりの生まれ
帽子屋
なかなか専門店が多い
提燈屋
提灯専門店は初めて見た
ネーム屋
130軒もの店舗があるとか
川端通商店街2
1日に1万人もの通行量があるという商店街
紙屋
今は紙以外も売っていま
銃砲店
こんな繁華街に銃砲店
プチコリア
今どきの店ですね
画像をクリックすると拡大します
つけ麺
夕食はつけ麵、¥780、トンコツじゃない
けれど麺から離れてない
櫛田神社1

 川端通商店街の南にある櫛田神社(くしだじんじゃ)は7月の博多祇園山笠、10月の博多おくんちなどの祭りで有名。5月の博多どんたくの出発点でもある。

櫛田神社2
地元民から「お櫛田さん」と呼ばれる
銀杏
樹齢1000年を超える銀杏の樹がある
夜の繁華街
夜の繁華街
博多の夜
博多の夜は更ける

旅の終わりとおまけ画像

輪行します

2022年(令和4年)4月26日(火)
 午前のフライトで福岡から名古屋に飛びます。自転車で空港まで行くつもりでしたが、雨が降ってきたのであきらめました。天神の近くにある地下鉄赤坂駅で自転車をバラして輪行バックへ収納。

地下鉄
乗り換え無しで空港に行ける路線で助かる
フライトは9:55
外は大雨
外は大雨だが定刻に離陸
名古屋も浜松も雨でした
もすぐ着く
セントレアから名鉄で豊橋、東海道線に乗り換え
て浜松にもうすぐ着きます

 無事家に帰りつきました。
 21泊22日の自転車旅行で、走行距離は1469km
 総費用は12万8320円でした。
 航空券(名古屋ー福岡)1万9450円
 宿泊費(10日分、あとはテント泊)3万2178円
 食費・観光・フェリー・電車等交通費・雑費で7万6692円
 10年くらいしたらまた九州に行ってみたいです。その時も自転車で行けるかな?

おまけ画像

 使わなかったけれども、印象に残った風景です。

焼きいも自販機
こんな自販機あるんだ(佐賀・呼子の道の駅)
佐賀横断歩道
横断歩道ごとにこんな像(佐賀・伊万里近郊)
恐竜
下京町の住人は恐竜のようです(長崎・佐世保)
3連デコ自販機
デコ自販機は珍しくないが3連はすごい(鹿児島・出水)
かぼすガス
いくら名産とはいえガスはやめて
(大分・佐伯)
成人映画
成人映画なんてまだ作られているの?
昔の作品でした(大分・別府)

※ ご覧いただきありがとうございました。海外旅行記世界のB級グルメもお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 トラタロウは元世界史・地理の教員です。授業のネタにするため毎夏・冬休みにバックパッカーとして海外旅行に出かけ、83ヶ国を訪れました。旅行情報や旅ネタを紹介していこうと思います。
 2022年(令和4年)11/30よりマレーシアに移住しました。クアラルンプールに住み、姉妹ブログ『KLダイアリートラタロウ』を作って、移住やマレーシアの情報を発信する予定です。
 でも当分はネット環境構築でうまく更新できないかもしれません。
 

コメント

コメントする

目次
閉じる